「マツコの知らない世界」ぬれおはぎ10選!安井友梨が絶賛!

グルメ

マツコの知らない世界・大新年会SP(2022.1.3)で安井友梨さんによりおはぎが紹介されました。

ここで聞きなれない「ぬれおはぎ」という名前が登場!これがとても美味しいのだそうです!

「ぬれおはぎ」とは一体どういうおはぎなのか?

そして紹介されたお店についてお伝えしますので、是非購入の参考にしてください。

 

スポンサードリンク

「マツコの知らない世界」で紹介された『ぬれおはぎ』とは?

「マツコの知らない世界」で、おはぎ好きのフィットネス女王の安井友梨さんにより『ぬれおはぎ』が紹介されました。

安井友梨さんによる紹介はこちら。

『ぬれおはぎ』はくせになるのどごしで、あんこがこれでもかとかかっている。

あんこがゆるく、ぜんざいの一歩手前の状態。

 

『ぬれおはぎ』とは水分量が多いワンランク上のおはぎのことのようです。

水分量が多いので、普通のおはぎのようにもち米を包むと流れてしまうので、もち米の上に乗せるスタイルで販売されています。

『ぬれおはぎ』という名前は、広島の河岡食品であんこ好きの方のためにより美味しいあんこを作っておはぎにしたのが始まりのようです。売れるネーミングを考えて『ぬれおはぎ』とし、商標登録されました。

現在は、多くの全国の店で販売されるようになってきたようです。

『ぬれおはぎ』という名前は使えないので、普通に『おはぎ』や『ぼた餅』の名前で販売されているのですね。

 

 

スポンサードリンク

「マツコの知らない世界」で紹介されたぬれおはぎの名店

「ぬれおはぎ」がおいしい店は全国に広がっているそうです。

番組で紹介された店はこちらになります。

 

河岡食品「ぬれおはぎ」(広島県)

河岡食品の「ぬれおはぎ」

「ぬれおはぎ」というネーミングは河岡食品の皆さんで売れるようにと考えた名前だそうです。

2020.11に商標登録されたとのこと。

「ぬれおはぎ」は金土日の限定販売だそうです。

「今あるおはぎよりおいしいおはぎを作ってみよう」というところから始まり、
素材を選び直し、
北海道産の小豆を丁寧に炊いて作りました。

河岡食品 HPより

 

工場販売所:広島県広島市安佐南区上安2丁目43-28-8
営業時間:10:00〜15:30
休み:第二月曜日、お正月、他不定期
TEL:082-878-8459
電話での注文もできるようです
 河岡食品 (kawaoka.co.jp)

 

 

珈琲工房山ぼうし(千葉県)

 

喫茶店で食べられるおはぎ、珈琲に良く合うおはぎと紹介されました。

わっぱの中に、きなことあんこのおはぎを入れて出してくれます。

 

住所:千葉県野田市岩名2-62-1
営業日:毎週 月、木、金、土、日
営業時間:11:00~18:00
TEL:04-7127-5087
珈琲工房 茶亭【時游空間 山ぼうし】 (yama-boshi.com)

 

 

道の駅かつらぎ(奈良県)

餅に里芋を混ぜて作る、葛城地方独特の「葛城名物芋ぼたもち」

 

 

住所:奈良県葛城市太田1257
休み:年中無休(施設内一部店舗を除く)
営業時間:農産物直売所 9:00~18:00
TEL:0745-48-1147
道の駅かつらぎ  (michinoeki-katsuragi.jp)

 

 

原信ナルス(新潟・長野・富山)

 

新潟・長野・富山に店舗のあるスーパー、原信ナルスで売られている釜炊きあんこの手作りおはぎ

おはぎはスーパーとは思えないクオリティ。なんとおはぎの名店「さいち」で作り方を学んだのだそうです。

たくさん食べても飽きない、甘さ控えめのあんこに仕上げているそうです。

 

道の駅おおうち(秋田県)

こちらは、こしあんのおはぎです。

 

 

住所:秋田県由利本荘市岩谷町字西越36
営業時間:9:00~21:00(施設により異なる)

 

 

高野菓子店(茨木県)

茨木の伝統のぼた餅。

昔、主産後の滋養食として披露回復や母乳が出るようにと食べたことから、現在も習慣となっているのだそうです。

住所:石岡市国府 6-1-26
TEL:0299-23-2121

 

スーパーフレスコ(京都・大阪・兵庫)

京都・大阪・兵庫で100店舗以上チェーン展開しているスーパーフレスコで売られているこぼれおはぎです。

 

自然食品の店「ファーム」(福岡県)

 

住所:福岡県福岡市中央区警固2-18-1
営業時間:平日 9:30~20:00
日祝 9:30~17:30
TEL:092-716-5700

 

 

シャトレーゼ(全国)

全国で店舗展開しているシャトレーゼの十勝小豆おはぎが絶品だそうです!

しばらく入手困難でしたが、購入できました。
あんこがたっぷりかかっています。

写真はおはぎが2個、259円です。

 

 

シャトレーゼ (chateraise.co.jp)
営業時間:店舗により異なる

 

YAMASYO・いととめEAT店(京都府)

YAMASYO・いととめEAT店「いととめのぼた餅」

甘さ控えめ、砂糖ではなく甜菜糖を使っている飲めるおはぎ!

「ゴクゴク飲めるぼた餅」「バランスが究極!」とマツコが絶賛していました。

 

住所:京都府京丹後市大宮町周枳1670
営業時間:10:00~20:00
定休日:無休
TEL:0772-64-5295

 

 

スポンサードリンク

「マツコの知らない世界」で紹介されたぬれおはぎのまとめ

「マツコの知らない世界」で安井友梨さんが紹介していたぬれおはぎについてまとめました。

「ぬれおはぎ」とは、初めて聞いたネーミングですが、くせになるのどごしであんがこれでもかとかかっているおはぎのこと。おいしいお店が全国に増えているそうです。
「ぬれおはぎ」という名前は河岡食品により商標登録されています。

スーパーや全国展開のシャトレーゼなど行きやすいお店もあるので、気になった方は是非買いに行ってみてください。

 

※おはぎの情報、こちらもどうぞ

おこめのおめかし・はぎトッツォが絶品!福岡のダイキョウーバリューで販売
おこめのおめかし『はぎトッツォ』のお店が福岡で人気です!おはぎにクリームを挟んだ和製マリトッツで、『坂上&指原のつぶれない店』で紹介されました。こちらは以前に『マツコの知らない世界』でも紹介されていました。そんなおこめのおめかし『はぎトッツォ』の商品やお店の情報をお伝えします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました