インベージョンに日本人女優の忽那汐里・菊地凛子が出演!評判は?

海外ドラマ

AppleTVで配信されているドラマ「インベージョン」に日本人の女優の忽那汐里と菊地凛子が出演しています。

このドラマはアメリカのSFドラマで宇宙人による侵略がテーマとなっています。

アメリカのドラマでの日本人の女優の活躍は気になりますよね。

この記事では、ドラマ「インベージョン」での日本人女優の忽那汐里と菊地凛子の役どころと、お2人の今についてお伝えします。

 

スポンサードリンク

ドラマ「インベージョン」に日本人出演!

アメリカのドラマ「インベージョン」に日本人の女優が出演しています!

 

「インベージョン」のあらすじ

まずはドラマのあらすじを簡単にお伝えします。

 

 

物語はオクラホマ、ニューヨーク、ロンドン、アフガニスタン、東京にいる5人の登場人物の日常から始まります。
ある日、地球の複数の場所で宇宙人による侵略の攻撃が始まります。ですが人々は何が起こっているのか把握できません。政府による避難指示が出て、軍が派遣されるところもあります。
この異常事態に対する人々の対応を、地球上の5か所にいる5人の人物を交互に登場させることで描かれていきます。

その一つが日本です。日本では宇宙ステーションに向けてロケットを発射するところです。そして宇宙ステーションに着くのですが、異常事態が発生します。

オクラホマでは、人が行方不明になり、畑に謎のミステリーサークルが見つかります。

ニューヨークでは、小学校で突然多くの子供たちが鼻血が出て騒動になります。ですがルークだけは出ませんでした。家に帰ると周辺は爆発かなにかで家が壊れたりしますが、ルークの家だけは無事、そしてルークは謎の頭痛に襲われます。

アフガニスタンでは、アメリカの兵士がいなくなってしまいます。

ロンドンでは中学生の遠足のバスが事故を起こし、子供たちは大きな穴の中に落ちてしまいます。

これらの何の関連もなさそうな出来事が、やがて襲撃してきた宇宙人との戦いへと繋がっていくんです。

 

日本人女優の忽那汐里・菊地凛子の役は?

 

忽那汐里は日本の宇宙開発期間「JASA」の優秀なエンジニアの大和美月役です。

そして菊地凛子は宇宙飛行士でシャトルの船長を務める村井日向役

村井日向はロケット打ち上げに成功し宇宙ステーションに到着します。そのあと爆発が起こり、出演は回想シーンのみとなってしまいます。

大和美月は管制室の通信係。宇宙ステーションとの通信を行います。事故が起こってからは真相解明のため手を尽くそうとするのですが、上層部の人に担当から外されてしまいます。
実は美月の恋人が宇宙にいるので、生きていると信じて情報をつかもうとするんです。

忽那汐里が演じる大和美月のとても優秀なエンジニアで自分を貫いて何が起こったか答えを見つけようとする姿は強さ理知的な強さを感じます。プライベートな姿も描かれ、恋人を思う姿は、はかなさを感じさせます。優秀な強い女性ですが、プライベートでは孤独で恋人を思うという二面性を上手く演じていて、魅入られてしまいます。

菊地凛子が演じる村井日向も、大和美月との関係がとてもいい感じに表現されていると思います。

 

忽那汐里の経歴

忽那汐里って誰だった?という方のために、経歴を見てみましょう。

生まれはオーストラリアです。お父様は日系2世、お母様は日本人。14歳までシドニーで生活していたそうです。ということは英語はネイティブですね。

2006年に国民的美少女コンテストで審査員特別賞受賞。2007年「3年B組金八先生」に帰国子女の役で出てから、日本でドラマや映画に出演。2018年からはハリウッド作品にも出演。「アウトサイダー」や「デッドプール2」に出演しています。

 

菊地凛子の経歴

1995年(15歳)にスカウトで芸能界入り。

2006年の映画「バベル」で聾唖の女子高生役を演じアカデミー助演女優賞にノミネート、これにより多くの国際的に活躍している監督の目にとまる。

その後、「パシフィック・リム」などアメリカを筆頭に多くの海外作品に出演している。

 

スポンサードリンク

「インベージョン」の評判は?

ネット上の声を見てみましょう

AppleTV「インベージョン」第8話まで。宇宙人侵略ものでいくつかのエピソードが同時進行するけど、その中に忽那汐里と菊地凛子がいて役柄も含めてなかなか存在感ある。6話目くらいでようやく姿を表す宇宙人のサイズ感も気に入ったので最後まで見よう。

ってかAppleTV+という視聴コンテンツ自体そんな広まってない感じがあるわ。もっと色んなメディアに取り上げてほしいなぁ…。

スローペースだけど多国籍で面白い。
日本のシーンの何がダメなんだろう。
坊さんのシーンとか面白かったけど笑
あまり日本の描写をナチュラルにしすぎると何もドラマが生まれないんだよね。
今時韓国じゃなくて日本を舞台に出してくれた事のはありがたいね。

世界各地にエイリアンがエイリアンが襲来してって話なんだけど、オクラハマ、ニューヨーク、ロンドン、アフガニスタン、東京と5つの地域とキャラクターがいるのでストーリーが進むのが遅くてなかなかエイリアンも出ないし出たと思ったら出番少なくてびっくり💦
そして日本パートかや聞き取りにくく字幕必須💦忽那汐里ちゃんは頑張ってたけどめっちゃ片言でボソボソ喋る同僚とかちゃんと日本人に演じて欲しかったな😅
これは打ち切りになりそうな予感💦

 

「インベージョン」はAppleTVでしか見られないので、あまり認知されていない印象です。

シーズン1は10話あるのでが、結構みなさん最後まで見ているようです。次になにが起こるのかわからないので、ついつい気になって先に進んで見てしまうようです。

5人の登場人物が全く違うタイプで、短い中でもそれぞれの人生を描いているので、人間ドラマとしても見ごたえを感じます。個人的には日本の忽那汐里が演じる大和美月がすきですね。

宇宙人の侵略といいながら、宇宙人はまだ姿を現していません。シーズン2があるようなので、これからなのでしょうか。

スポンサードリンク

「インベージョン」に日本人女優が出演のまとめ

AppleTVで配信されているドラマ「インベージョン」に日本人の女優が出演しています。
その女優とは忽那汐里と菊地凛子。2人とも、もともとアメリカでも活躍している女優さんです。
2人がどんな役なのか、またドラマの評判についてお伝えしました。

ドラマは宇宙人の侵略がテーマ。地球上の5か所にいる5人の主人公の様子を描いています。

宇宙人の侵略なのに、まだ宇宙人は出てこないのでシーズン2が気になりますね。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました