『キャシアンアンドー』の評価は?つまらない・おもしろい?感想も!

キャシアンアンドー

『キャシアンアンドー』が9月21日から毎週水曜日に配信されてきました。

初日に一機に3話、その後1話ずつの配信され、11月23日に最終話が配信されました。

観た人の評価は、つまらない?おもしろい?

今までのスターウォーズ作品とは違い、ジュダイのような特別な力があるわけではない普通の人間が主人公で雰囲気も暗いので、好き嫌いがかなり分かれる気がします。

SNS上の評価・感想を集めてみました。

 

スポンサードリンク

『キャシアン・アンドー』1~3話の評価は?

まずは1~3話の公開時点の評価です。

ストーリーの展開が遅く感じられ、視聴者はなかなか物語に入り込めない感じがありました。

そのせいで「つまらない」という声も多くありました。「つまらない」「おもしろい」それぞれのSNSの投稿を集めてみました。

Disney+

『キャシアンアンドー』はつまらない

やはり「つまらない」という感想がありますね。

物語が暗めで展開が遅いこと、スターウォーズ感がないことなどが理由のようです。

「他のキャラクターを差し置いてスポットを当てるほどの驚きのストーリーもなく、スピンオフのスピンオフを作り出すスターウォーズはどうなってしまうのか。人じゃない宇宙人もっと出してほしい。」

「謎めいた過去と陰鬱な現在が交互に描かれ、徐々に見えてくる物語…
うわぁマジで一ミリも興味ないし眠い、眠すぎる…
金払ってこんな眠いドラマ見せやがって
そもそもローグワンという戦闘シーン以外誉める所ない凡作が名作扱いされてるのは本筋のEP.7-9があまりに駄作だったせいだし、アンドーさん?悪いけど元々何の魅力もないキャラだしスピンオフの主役には弱すぎる、マッツミケルセンの科学者が主役のを作った方がまだ面白そう」

「今度は、キャシアン・アンドー!
全然スター・ウォーズ感がない
わくわくもしないし、大丈夫かな~」

Disney+

 

『キャシアンアンドー』はおもしろい

逆に地に足がついた感じで、物語がしっかり作られていていいという意見も見られます。

 

「かなり面白いと思う。1-3話まで見た。今までのスターウォーズよりゆっくりと丁寧。マーヴァとの過去を3話でもう少し長く描くと、最後もっと感情移入できて良かったのにな〜。
今後、ストームトルーパーやいろんなエイリアンも出てきて一気にSWの世界観にぐわっとくるのでしょう。期待。」

「地味目なスタートだけどなんかオビワンよりもちゃんとしてる感(?)がある
ブレードランナーみたいな雰囲気
やっぱり反乱軍は正義じゃなくてあくまで反逆者の集まりなんだなって思う」

「配信初日の3話を視聴。1話2話は土台を作り上げるための序章って感じ。3話目から急劇に面白くなった。初日に3話まで配信した理由がこれか!ってなるくらい掴みとしては最高。ちなみに主任がお気に入り笑。今後あいつがどんな風に物語に食い込んできて、キャシとの因縁にどう決着がつくのか楽しみだな〜。」

Disney+

 

『キャシアンアンドー』1~3話の感想

スターウォーズシリーズのスピンオフ『ローグワン』のさらにスピンオフドラマ

スターウォーズっぽくない作りになっているので、観た人の評価も分かれているようです。

このドラマにはジュダイやストームトルーパーは出てこないようで、派手な宇宙での戦いもなく、全体が暗めのトーンで描かれています。

時代は映画『スターウォーズ・エピソード3』の後、ジュダイがほぼ滅ぼされてしまい、皇帝が力で宇宙を制圧し帝国を築いているところ。映画『ローグワン』の5年前。

主人公のキャシアン・アンドーは普通の人間で、他の登場人物も普通に生活している人々です。

 

個人的には、第1・2話はよくわからなかった。

キャシアンが追ってきた2人(企業の保安部)を殺してしまい、プリ=モーの保安部隊が殺人犯を探すところから始まる。

でも、人が死んで普通に捜査されるなんて、スターウォーズのなかで今まであっただろうか?上司が帝国の顔色をうかがって事件をもみ消そうとするなか、捜査主任のカーンは「仲間が殺された」と言って犯人を見つけ出そうとする。実に普通の感覚だ。

またキャシアンを密告したのは、買取屋のビックスの恋人の男性。で、後にこの男性は密告したことを後悔している。これも普通の世の中でありそうなことだ。

 

この星の保安部隊は企業の保安部。まだ帝国に完全に乗っ取られてはいないということがわかる。帝国の支配への過渡期ということだろう。

 

第3話で物語が動き出した感がある。殺人犯の捜査線上にキャシアンが上がり、保安部隊が捜査にやって来る。また今後のキーパーソンとなりそうは買取人も現れる。この買取人はただ物ではない、保安部隊に大打撃を与えた。そして追われているキャシアンを船に乗せて脱出する。

 

キャシアンの子供の時の様子も描かれている。ケナーリという星の住人で、言葉は他の星の人には通じない。ケナーリでマーヴァに助け出され、その後はずっと一緒に暮らしているようだ。ケナーリには妹を置いてきてしまったので、今も探している。

 

1~3話でキャシアンの暮らしている世界、周りがどんな様子なのかを描いている。これを踏まえて物語の先に進めということだろう。

 

普通の人々を描きたかったということがわかってきたような気がする。

 

だんだん面白くなってきた。

 

スポンサードリンク

『キャシアンアンドー』5・6話の評価は?

『キャシアンアンドー』も5話まですすみ、キャシアンは惑星アルダーニでの作戦に参加することになりました。

6話で作戦決行。ついに反乱のための行動が起こされ、帝国軍にも知られることとなりました。

アルダーニの目もすごかったですね。

評価はどうでしょうか。

『キャシアン・アンドー』はつまらない

やはり、ここに来てもつまらないという意見があります。

「キャシアンアンドーのドラマ5話まで来たけどいつになったら盛り上がるんだ? トルーパーもドロイドもクリーチャーも全然でてこなくてスターウォーズっぽさが全然ないし好きになれるキャラも1人もいないし自分にはほんとに合わない気がする…」

 

『キャシアン・アンドー』はおもしろい

5話

細かいスターウォーズっぽさを見つけて喜ぶ方も↓

「5話 今回の見どころは、なんといってもカーンの実家の青いミルクで食べるシリアル的なもの。食欲無くすわ 青いミルクは若き日のルークもオーウェンおじさんの家で飲んでたので、SW世界ではメジャーな飲みものっぽい。」

だんだんはまって来る方も増えているようです。

今日配信の第5話鑑賞。「ドラマ始まる前はあまり期待してなかったけど…いや〜これいいわぁ〜 無駄に毎週ドンパチするんじゃなくて帝国側、反乱を起こそうとする側の人間の行動や心情をすごく丁寧に描いてて惹かれる。大人向けSW 来週も楽しみ」

6話

キャシアンアンドー6話、はちゃめちゃに面白い。とんでもない緊張感が続く強奪作戦と、空一面を覆う荘厳な景色の対比。ローグワンのラストに匹敵する悲しみを帯びた圧倒的な美しさ。ネームドキャラの無慈悲な死も虚しい。シートベルト大事…。

キャシアンアンドー、第6話観賞。 大きく物語が動いた。めちゃくちゃ面白い!アンドー、カッコいいわ。そんでアルダーニの目の映像めちゃくちゃ綺麗だった。 今までの伏線はここのためにあったんだな。最高でした。この泥臭い戦いが堪らない。

 

スポンサードリンク

『キャシアンアンドー』10話の評価は?

キャシアン・アンドーの物語が激しく動いたのが10話。

神回といえる内容で、SNSへの投稿も多かったようです。

こちらは別記事↓で海外の反応で調べてみました。

 

『キャシアンアンドー』12話の評価は?

ラストの12話は感動でした。

キャシアンの行動、マーヴァの演説、民衆の意思、すべてが凄かったです!

SNSでも感動の声が多くみられました。

『キャシアンアンドー』12話の評価

『キャシアンアンドー』ラストの12話について、SNSの声を見てみました。代表的な声を掲載します。

さすがにここでつまらないという声は見当たらないですね、というかつまらないと思う人はすでに離脱していると思いますが。

いやー震えた。 ジワジワと燃え上がる反乱の意志、容赦ない帝国の闇。みんながみんな意志を持っていて、バラバラがいくつも交錯して・・ 主役だけじゃない、一般市民がこんな格好いい作品があっただろうか。 そしてラスト!シーズン2が楽しみだ!

シーズン1 完結 『反乱の物語』っていうスターウォーズの根幹を裏付ける完璧なラストだった。 緊張感と一切の無駄を感じさせない展開で50分弱ある話がその半分ぐらいに感じたからか、「これで終わっちゃうのかぁ」とも思った。(不満は全くない) 新シーズン待てる自信ない。

最高のドラマでした!シーズン2が待ち遠しくなりました! キャシアンの前日譚を描きながら、銀河で反乱が生まれていく様子を描き、従来のスター・ウォーズに繋げているのがとにかくすごい!そしてキャシアンが反乱軍に就く理由も、非常に納得できるラストでした!

抑圧されていた民衆が立ち上がる姿、その力強さに感動しました。

マーヴァの演説も凄いです。自分の命が尽きても人々に訴えるその力、フェリックスの人々の心にその訴えが浸透していくのが、目に見えるようでした。

マーヴァとキャシアンの絆の強さも実感。マーヴァが「帝国の支配が強まったのはキャシアンのせいではない」と伝言されていたことで、キャシアンも気持ちが楽になったのでは。第1話のあの事件は起こるべくして起こった事件で、たまたまキャシアンが一石を投じたにすぎないのだと。

ここで改めて1話のあの事件の意味が確認されたということでしょう。

キャシアンも、まさか戻って来るとは!ビックスを助けに行く姿は、すでに反乱の戦士となっていました。

キャシアンがいかにして大義のために働くことになったのか、すごく自然に描かれていてシーズン2がどうなっていくのか、待ち遠しいです。

スポンサードリンク

『キャシアンアンドー』の評価・感想のまとめ

ドラマ『キャシアンアンドー』の評価や感想をお伝えしました。

今までのスターウォーズ作品とはかなり違う作りになっているので、評価は分かれているようです。

「つまらない」という人と「おもしろい」という人。

ですが物語が進むにしたがい、断然面白くなってきました。

スターウォーズの世界で、普通の人々が立ち上がっていく姿、今までの作品とは全く違うタッチの作品で、感動の仕方も全く違っています。

少しでも興味を持った方は、是非最後まで見ていただきたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました