マンダロリアン・シーズン1第8話「贖罪」あらすじ感想/クランオブツー

海外ドラマ

マンダロリアン・シーズン1・第8話「贖罪」のあらすじと感想です。

いよいよシーズン1の最終回です。モフ・ギデオンの部隊にに取り囲まれてしまったマンドー達は脱出できるのでしょうか。ザ・チャイルドはどうなったのでしょうか。クラン・オブ・ツーとは何なのでしょうか。

マンダロリアン・シーズン1・第8話「贖罪」のあらすじと感想の記事には重要なネタバレが含まれますのでご注意ください。クラン・オブ・ツーの解説もあります。

スポンサードリンク

マンダロリアン・第8話「贖罪」のあらすじ

ザ・チャイルドはスピーダーに乗ったトルーパーに捕まってしまいました。そのトルーパー達は部隊に連絡しますが、モフ・ギデオン(モフは帝国の総督の称号)がやってきて1部隊壊滅させたと連絡が入り待機させられます。待機している間、獲物は何なのかとザ・チャイルドをたたいたりしています。そこへナースロボットとのIG-11がやってきて、ザ・チャイルドを奪い返します。

そのころマンドー達はモフ・ギデオンの部隊に包囲され建物内に籠城していました。さらに強力な武器・Eウェブを設置していることに気づき、排水溝から逃げようとしていました。モフ・ギデオンは「Eウェブを使われたくなければ出てこい」とマンドー達を脅します。マンドー達はすぐに殺されないことから、まだザ・チャイルドは捕まっていないのだろうと予想します。

ザ・チャイルドを助けたIG-11は、街で籠城しているマンドー達の元へ向かいます。向かってくるトルーパー達を次々となぎ倒していきます。その混乱で部隊の包囲網がくずれたので、マンドー達も建物からでて戦います。が、ギデオンの攻撃により負傷してしまいます。再び建物内に入り、排水溝からマンダロリアンのアジトに逃げようとします。そこへ火炎放射器を持ったトルーパーが追ってきます。逃げられない、やられる!と思ったところで、ザ・チャイルドが立ち上がり力を使い、炎を食い止め逆流させてトルーパーを倒します。

排水溝の入り口も開き逃げようとしますが、なんとマンドーは頭から血を流し動くことができなくなっています。「自分を置いて逃げろ」とキャラ・デューン達を先に行かせます。IG-11はマンドーと一緒に残り、治療が必要と説得します。治療するにはヘルメットを脱がなければならないのですがIG-11は「自分は生物ではないので協議に反しない」と説得し、ヘルメットを脱がせ治療します。

マンダロリアンのあじとにたどり着いた一行はマンダロリアン達のヘルメットの山に遭遇します。アーマラーが一人で残っており、何が起きたか教えてくれます。そしてマンドーがザ・チャイルドを助けたことの詳細を聞き、ザ・チャイルドは孤児だと知ります。マンドーに「協議によって子供を守れ」と命令し「クラン・オブ・ツー」の紋章を授けます。さらにジェットパックの装備も授けます。

 

溶岩の川を下って溶岩の平原を目指します。洞窟の出口にストームトルーパーが待ち伏せていました。IG-11は自分が犠牲になると言い、溶岩の川を歩いて敵の元へ向かいます。メーカープロトコルトにより捕まるのは禁止として自爆し敵も一掃することに成功します。

すると、ギデオンがスターファイターで攻撃してきます。マンドーはジェットパックを使いスターファイターに接触し起爆装置を取り付けます。スターファイターは爆発し墜落します。

追ってから逃れることができた一行、グリーフ・カルガは街に戻りキャラ・デューンはその護衛として一緒に街に残ることにします。マンドーはザ・チャイルドの仲間を探すために旅立ちます。

一方、墜落したスターファイターからはダークセーバーが現れ機体を切り取り、ギデオンが姿を現すのでした・・・。

スポンサードリンク

マンダロリアン・チャプター8「贖罪」の感想

まずは、ザ・チャイルドをさらったトルーパー達の待機中のゆるい感じは何なんでしょう?緊張感まるでなしなんですけど。いつも非人間的なトルーパーが妙に人間臭くて面白いです。この後IG-11にやられちゃうんですけどね。

で、IG-11大活躍です!見事にザ・チャイルドを奪還し、街のトルーパーも倒しまくり!さらには瀕死のマンドーには「自分は生き物じゃな」と説得してヘルメットを脱がせて治療し助けるし。

そうです、ついにマンドーの素顔が明らかになったんです!感動ですね!

ギデオンはマンドーのフルネームを知っているんですね。過去に因縁があるようです。キャラ・デューンのフルネームも知っているし。

そしてまた、ザ・チャイルドが危機に力を発揮して助けてくれます!今回は炎を止めて押し戻すというすごい力。これはまさにフォースの力!まだ子供なのにどれだけの力があるのでしょうか。力を使った後は倒れて眠ってしまうんですが。

この回で最重要なのは、マンダロリアンのアーマラーがマンドーに「クラン・オブ・ツー」の印を与えると言いマッドホーンの紋章を与えたこと。この意味はマンドーは孤児であるザ・チャイルドを父親となって守り、元々の種族に戻すということ。それまで2人は家族、それこそが「われらの道」ということ。マンドー自身もそうやって育てられてきたことが回想シーンで分かるので、当然従うこととなります。アーマラーの戦闘シーンもかっこいいです。

そしてまたIG-11。溶岩の川の出口シーン、自ら溶けるのがわかっていて川に入り、自爆して敵を倒し見方を助けてくれます。あんなにドロイドを敵視していたマンドーもこのころはIG-11を信用していて、自爆を言い出すと感情的になって止める発言も。マンドーが悲しくないと言うも、IG-11はナースドロイなので声で感情がわかるのだ言います。なんとも泣けるではありませんか。スターウォーズシリーズってドロイドが個性的でいいやつが多いですよね。

最後のギデオンとの戦いでは、ついにマンドーがジェットパックを使って飛び立ちます。すぐに使いこなすところが流石です。

ザ・チャイルドは救い出せるし、力も発揮してくれるし、マンドーの素顔は見られるし、帝国の残党はいなくなるし。もうほんとに良かったし内容の濃いシーズン1の最終回にふさわしい回でした。

あ、でも最後のギデオン復帰が不気味。これがシーズンにつながるのでしょうね。なんでちゃんと死んだかどうだか確認しなかったのでしょう?

用語の説明

モフ・ギデオン:帝国軍の一つの残存勢力を指揮している。クライアントにザ・チャイルドの捕獲を命令した。マンドーがギルドを裏切ってザ・チャイルドを救出した後、ネヴァロの街に兵力を投入し取り締まりを強化していた。

「クラン・オブ・ツー」アーマラーがマンドーに与えた印。マッドホーンとの戦いでマンドーがザ・チャイルドに助けられた。この出来事によりマンドーはザ・チャイルドが特別な存在であると認識する。そして助けるだけでなく助けられることもある関係となった。このことから、マッドホーンが2人を表す象徴としてデザインされている。

 

ダークセーバー:モフ・ギデオンが持っているセーバー。もともとはジュダイのマンダロリアン、ター・ヴィズラが1000年以上前に作ったもの。権力の象徴でもあり、複数の権力者の手に渡った。  帝国によるマンダロリアンの大粛清でモフ・ギデオンが持ち主となった。

スポンサードリンク

まとめ

マンダロリアン・シーズン1第8話「贖罪」のあらすじをお伝えしました。

ついにマンダロリアン・シーズン1が完了しました。マンドー達はモフ・ギデオンの部隊から逃げ、ザ・チャイルドも無事に保護できました。アーマラーにより、マンドーはザ・チャイルドを元の種族に戻すことが使命とされ、クラン・オブ・ツーの印を与えられました。IG-11の活躍も感動的でしたね。

ザ・チャイルドを種族に戻す旅はシーズン2に続きます。

タイトルとURLをコピーしました