オールマイティラボの中の人は何者?ダチョウと独特な構文で評判!

YouTube

動物解説の動画で大人気のオールマイティラボさん。独特なナレーションが注目を集めています。「ダチョウの頭が悪すぎる」という動画から人気の火が付き、以降投稿された動画はどれも100万回以上の再生回数をたたき出しています。

そんなオールマイティラボさんですが、中の人について気になる方というのも多くいらっしゃることでしょう。顔出しやプライベートに関する動画は基本的に出しておらず、何者なのかは闇に包まれています。

そこで、本記事ではオールマイティラボさんのプロフィールや顔出しついて調査し、まとめてみました。

スポンサードリンク

オールマイティラボの中の人は何者?

 

まず、オールマイティラボの中の人がどんな人なのかという点について調べてみました。

 

オールマイティラボのプロフィールは?

オールマイティ・ラボさんのプロフィールについて調査しました。

プロフィール

名前:不明

年齢:24~25歳

誕生日:1998年生まれ

出身地:長野県

学歴:大卒(経済学部経営学科)

特技:不明

趣味:動物飼育

オールマイティラボさんですが、ライブ配信で視聴者の質問に答えてはいるものの、プロフィールについては謎な部分が多いです。

出身は長野県で、2023年まで名古屋に住んでいたものの、長野に住まいを移したそうです。名古屋に住んでいた理由は、勤め先が名古屋であったためと語っています。長野に引っ越したということは、異動があったのかもしくは退職したのか、理由は不明です。

年齢はYouTubeライブで「2023年で25歳になる」と語っており、またCS番組に出演した際に1998年生まれで出演者の萩原利久さんと同い年だと言っています。

動物を好きになったきっかけは、高校時代に動物好きの友人にペットショップに連れていかれて、そこで動物への興味が深まったと語っています。今では爬虫類や鳩、猫など数十種類の生き物を飼っているとのことです。

大学は経済学部経営学科に通っていたそうで、大学生当時は塾講師のアルバイトをしていたとのことです。ライブ配信では塾講師のバイトが楽しかったと語っており、もう一度学生に戻れるなら教育学部に入り教師になりたいと回顧しています。

オールマイティラボの顔出しはある?

オールマイティラボさんの顔出し動画は、自身が公開しているYouTube short動画にマスクをつけた状態で登場しています。動画の内容は蛇の身長を撮ろうとしたら、蛇がおしっこをしてしまったようで絶望しているという動画です。

また、CSチャンネル「フジテレビTWO」で2024年1月20日に放送された「萩原利久のwkwkはぎわランド」にも出演されています。内容は、出演者の萩原利久さんが霊長類の誇りである「パタスモンキー」を見るために、オールマイティラボさんが出題する問題をクリアしていくというものです。

スカパーに加入すると見逃し配信を視聴することができるようなので、興味のある方は契約して番組をご覧になってください。

見た目ですが、スタイリッシュで目がきりっとしており、小顔のようでマスク着用時ではありますがイケメンな感じがしますね。

実写動画はまだ上げてはいないようですが、サブチャンネルを開設しており実写動画についても公開する予定であるとコミュニティに投稿しています。そのため、近いうちに実写で顔を拝める日が訪れるかもしれませんね。

スポンサードリンク

オールマイティラボのダチョウと独特な構文とは?

オールマイティラボさんは「ダチョウの頭が悪すぎる」という動画で注目を集めました。

ダチョウの特性を紹介したのちに、知能の低い点をピックアップし面白おかしく解説するという内容です。

この解説時に用いられる言葉や文法についてファンの間では「オールマイティラボ構文」と呼称されています。「〇〇が××すぎる。」と冒頭に切り出し、紹介する動物の特性を語ったのちに「そんな○○(動物名)ですが、致命的な欠陥があります。それは、~です。」といった文章校正になっております。

また「バチクソ」や「カスい餌」といった表現や、「捕食される」という言葉を「連れていかれる」といった砕けた表現を多用しており、紹介する動物が弱者であるスタンスで語っている点に面白さを感じる人が多いのだと思われます。

このオールマイティラボ構文はSNS上で人気となっており、XやTikTokでも構文を用いた投稿が多く見られます。

それが、SNS界に一台センセーショナルを引き起こしたクリエイター「オールマイティ・ラボ」さんなのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

現在YouTubeで人気のオールマイティ・ラボさんですが、人気が出てからまだ日が浅いためか、素性やプロフィールについては謎の部分が多いです。

現在は投稿頻度がかなり少ないため、中の人についての情報が明らかになっていませんが、サブアカウントなどで実写動画が上がり始めたら、彼が何者なのか素性がどんどんと明らかになっていくことでしょう。

実写動画が投稿されるまで気長に待っていましょう!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました