屋久島は子連れ旅行は無理?子連れ旅行でもできることを紹介します!

旅行

屋久島の観光というと『縄文杉』が有名ですが、そこまで行くのは大人でも往復8時間ほどかかります。子連れ旅行では無理だと思っていませんか?

『縄文杉』は無理でも、屋久島には子連れでも行けるところやできることがいろいろあるんですよ。

私が小学生の子供連れで行った所・やった事を紹介しますので、是非参考にしてください。

体験できなかったけどおすすめしたい事も紹介しています。

スポンサードリンク

手軽に屋久島の原生林を体験できる「屋久杉ランド」

 

標高1000m付近にある自然休養林。屋久島の原生林を感じながら散策できるようになっています。登山道にもつながっています。

散策路は、遊歩道がある30分・50分コース、登山道の80分・150分・210分コースがあります。体力に合わせてコースを選べるので、子供連れでも歩けます。縄文杉ほど大きくなはいですが、千年杉やくぐり杉などの大きな屋久杉も何本かあり、屋久島の自然を感じることができます。入り口付近には売店・休憩施設もあります。

私は子供が小学1年生の時に行って、80分コースを回りました。登山道も含まれるので、少し登りが大変なところもありますが、ゆっくり歩けば問題なかったです。行ったのは冬休みで、屋久杉ランドには薄っすら雪が積もっていて素晴らしい風景が見られました。標高が1000mあるので、麓では晴れていても上では雪なんてこともあるんです。

運が良ければ野生動物にも会えますよ。私は下山途中の道で野生のヤクザルを見かけました。

スポンサードリンク

苔の森が有名な「白谷雲水峡」

 

標高600~1050mにある自然休養林。こちらも屋久島の原生林を感じながら多くの屋久杉を見ることができるところです。

コースがいくつかあり、歩きやすい弥生杉コース(約1時間)、登山道も歩く奉行杉コース(約3時間)、屋久島を一望できる太鼓岩まで行く太鼓岩往復コース(約4時間)があり、組み合わせたルートにすることもできます。太鼓岩コースには映画の「もののけ姫」のモデルとなったと言われている「苔の森」があります。

ここに行った時子供は小学校高学年になっていたので、少し頑張って弥生杉コース⇒苔の森まで行って戻ってきました(約4時間)。行ったのは8月の夏休みなので、人は多かったです。暑かったので、途中で沢の流れに足を入れて休憩したのですが、とっても気持ち良かったです。「苔の森」は名前の通りあたり一帯が苔でおおわれているのですが、夏で雨も少なく乾いていたので、残念ながら思っていた苔がうっそうとした感じではありませんでした。苔のうっそうとた感じを満喫するなら雨の多い時期がおすすめです。

レンタカーで島一周ドライブがおすすめ

屋久島は小さな島なので車で一周できます。レンタカーが借りられます。どこにも寄らなければ3時間位ですが、いろいろ見て回るには1日かけるのがいいでしょう。

ガジュマル公園…南国の木ガジュマルが植えられている公園。南国気分が味わえます。

永田いなか浜…ウミガメが上陸する浜。「ウミガメ館」がありウミガメに関する展示がされています。またウミガメ観察会も開催されています。(予約制なので、早めに確認しましょう。現在はコロナのため開催中止となっているようです。)

西部林道…屋久島の西部、原生林の中を通る林道です。道が狭いので走行は注意。また野生のヤクザルやヤクシに会える可能性大です。私もヤクシカに会えましたよ。

がいくつもあるんです…大川の滝・トローキの滝・千尋の滝

温泉も複数あるんです…おすすめは尾野間温泉。源泉かけ流しの温泉で、地元の人も多く利用しています。シャンプー・石鹸などは持参になります。他にも楠川温泉・平内海中温泉(露天風呂、名前の通り、満潮時は海中に沈みます)・湯伯温泉(露天風呂)があります。

露天風呂はもろ露天なのでちょっと抵抗があり、尾野間温泉と楠川温泉を利用しました。どちらもとても気持ちいいお風呂でした。地元の方が普通に使っている共同浴場です。地元の方が羨ましいですね。

山のイメージが強い屋久島ですが、ダイビングもできるんです!

屋久島はダイビングスポットも盛んにおこなわれていて、ダイビングショップも多数あります。子供でも8歳位から体験ダイビングができますので、ショップに問い合わせてみてください。海には魚がたくさんいて、運が良ければウミガメに会えることもあるそうです。

ダイビングするには、まずショップに予約。希望日と人数年齢などを伝えます。当日の天候などの状況により、ショップの方が場所を選んでくれます。体験ダイビングなら、初めてでも丁寧に教えてもらえ、サポートしてもらえるので大丈夫ですよ。

私は子供(当時小学校高学年)と一緒に体験ダイビング。子供はタンクが重いと言いつつ、ちゃんと潜れて楽しめました。いろいろな魚が見られましたが、カメには会えませんでした。

川や海でのカヤックもおすすめです!

私は体験できませんでしたが、屋久島ではカヤックもおすすめです。

川で行うリバーカヤックは3か所(安房川・宮之浦川・栗生川)でできます。穏やかな流れで行うので初心者でも安心。ツアーによっては3歳くらいから参加可能。半日コースのツアーが多いようです。

海で行うシーカヤックもおすすめ。こちらは小学校高学年くらいから参加可能。屋久島はウミガメが産卵に来るので、海で会えることもあるそうです。

どちらも水面に浮かぶカヤックに乗るので、自然との一体感が感じられること間違いなし!陸で見る屋久島とは違う発見があると思います。

リバーカヤック・シーカヤックを体験したい方はガイドツアーを探してみてください。

半日コースや1日コース、ツアーによりいろいろ工夫されているので希望にあったプランが見つかると思います。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?屋久島と言えば『縄文杉』。かなり歩くので子連れ旅行は無理と思う方が多いかもしれませんが、子連れでも楽しめることがたくさんあるんです。

子供でも歩けるコースのある「屋久杉ランド」「白谷雲水峡」、島一周ドライブ、海ではダイビングやシーカヤック、川でのリバーカヤックなど様々なことが体験できます!

なにより屋久島の素晴らしい自然に触れることは子供にとっても素晴らしい経験になること間違いなし。

屋久島への子連れ旅行、是非検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました