「僕が飛び跳ねる理由」映画のレビュー・自閉症の認識が変わります!

映画

「僕が飛び跳ねる理由」映画のレビューをお伝えします。

映画の原作は、自閉症の作家東田直樹が13歳の時に書いた「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」というエッセイ。自閉症である作者が一般的な人達にわかるように自分の見ている世界を書いています。世界30か国以上で出版されています。

映画では自閉症の人が感じている世界を音と映像で表現しています。その内容は今までの自閉症に対する認識とは違っていて、とても驚かされました。

後半では映画「僕が飛び跳ねる理由」を観る方法もお伝えしています。

それでは、「僕が飛び跳ねる理由」映画のレビューをどうぞ。

スポンサードリンク

「僕が飛び跳ねる理由」の映画をおすすめする訳は?

自閉症の人は、一般的な人からすると時に奇異に感じる行動をするので、理解できないと思っていませんか?また会話が成立しにくいので、どのように感じ考えているかなど、なかなか理解することができませんでした。

今回の映画化では、自閉症の人の感じ方、内面などを映像でわかりやすく表現したそうです。自閉症の人から見た世界を表現し、とても美しい映像で描かれています。

自閉症について理解する助けになるはずです。

スポンサードリンク

予告はこちらからどうぞ

 

まずは自閉症とはどういう障害なのか、どんな特徴があるのか知っておきましょう。

自閉症とは先天的な発達障害の一つ。今は自閉症スペクトラム障害、ASDと言われています。

主な特徴は、人とのコミュニケーションの質が異常なこと・独特なこだわりがあることです。

コミュニケーションでは、一方的に話す・会話がかみ合わない・含みを持たせた言い方が理解できないなどがあります。

独特なこだわりでは、興味をもったことには異常に集中する・決まったルーチンを繰り返さないとだめ、などがあります。

自閉症スペクトラムは重度から軽度まで症状は様々です。この原作の作者は話すことができないということなので、重度な方なのではないでしょうか。

自閉症を取り扱った映画で有名なところでは「レインマン」があります。「レインマン」の主人公は飛行機には絶対乗らない・下着は決まった店で買ったものでないとだめなどの強いこだわりがあり、トム・クルーズが扮する弟を困惑させていました。ですが散らばったマッチ棒の数が一瞬で分かったり、見てすぐ記憶できたり、ものすごい才能も持っています。この才能はサヴァンといって自閉症の一部の人が持つ特別な才能です。

このように、自閉症の方はいわゆる普通に生活するのは難しいこともある反面、とてつもない才能を持っていたりするんです。

「僕が飛び跳ねる理由」映画のレビュー

この映画を観て、はじめて知ったことがいくつかありました。

自閉症の人の世界は、そうでない人の世界とどう違う?

まず、自閉症の人の時間の感覚がいわゆる普通の人と違うということ。私たちの感覚では、時間は連続して流れており過去から現在まで線のようにつながっています。ですが、自閉症の人の場合は点と点になっていて、決して線のようにはつながらないのだそうです。過去の出来事が、まるで今起こっているように鮮明にフラッシュバックするのだそうです。

また、物の認識の仕方も違いがあって、まず物の一部だけを脳が認識して、徐々に全体の風景に広がっていくのだそうです。だから小さな水滴に引き付けられたり、シャボン玉から目が離せなくなってしまったり。その瞬間に切り取られた世界の中にいる感じなのでしょうか。

だから、突然どこかから大きな音がしたり、犬に出会って予想外の動きをされたりすると、とても驚いて恐怖を感じるようです。その恐怖を和らげるため、同じ行動や言葉を繰り返したりするのだと。同じ行動が安心をもたらすのだそう。

これはとても生きずらそうです。映像では、突然過去の情景が流れたり、車のクラクションが響いたりして、追体験できるような作りになっていました。

自閉症に人は知能が低いと思ってませんか?実は違うんです!

また、自閉症の人は一部の特定な能力を除いては、知能は低いと思っていました。これも違いました。彼らが自分の考えを発することができなかったために、理解していないと勘違いしていただけ。文字盤を使うという方法で自分の言いたいことを伝えることができるようになったところ、普通の人と同じように知識を理解できていることがわかったそうです。私たちは「話すことができない=知能が低い」と勝手に決めつけていたんですね。これでは目が見えない人に、見て答えるように言っているようなもの。手段を誤っていたということなんですね。

自閉症の人は感情がないって思っていませんか?そんなことないんです!

一番感心したのは、感情について。自閉症の人は他者に対して愛情や親しみを持つことは難しいのではと思っていたのですが、違いました。自閉症の人同士の友情も描かれていました。私たちのように会話するわけではないのに。文字盤を使ってお互いをどう感じているのか聞いてみると、親しみを感じていると答えていました。自閉症の人同士でわかる何かがあるようです。もちろん家族への愛情も描かれていました。

「僕が飛び跳ねる理由」映画のレビューまとめ

全体を通して思ったのは、いかに私たちが自閉症について知らなかったか。感じ方やコミュニケーションの取り方が違うだけで、ちゃんと愛情深い人達なのだということ。

さらに、自閉症の人は人を陥れるとか悪口を言うことはないので、ある意味私たち普通の人より素晴らしいのではないでしょうか。コミュニケーションを取りやすくするツールなど開発されたら、物凄い才能を発揮できるのかもしれないです。サヴァンのようなすごい才能を持っている人もいるのだから。

 

「僕が飛び跳ねる理由」映画の購入・配信は?

まだ観ていないという方は、DVD購入・レンタル・動画配信でどうぞ。

◇DVDはこちら。楽天市場 または Amazonで販売されています。

◇レンタルは2021.10.6から。TUTAYAのレンタルをご確認ください。

◇動画配信はこちら。UーNEXT FODで配信中です。

 

期間限定で上映している映画館もあるようなので、参考にしてください。

上映中の映画館を探すならこちらからどうぞ。

 

スポンサードリンク

「僕が飛び跳ねる理由」映画レビューのまとめ

「僕が飛び跳ねる理由」映画のレビューをお伝えしました。

自閉症について、何も知らなかったということがわかりました。

私は原作本は読んでいませんでしたが、映画で理解できることは多かったと思います。映像で直接脳に入ってくるので、直観的に理解できる感じがしました。

今後研究が進んで、自閉症の理解が深まり、彼らの才能を発揮できるようになるといいと思います。自閉症だけでなく自閉症スペクトラム障害の人達全体で、生きづらさが減っていくよう願います。

タイトルとURLをコピーしました