赤いナースコール(赤ナス)10話・ネタバレ考察!犯人は誰⁈

ドラマ

ドラマ『赤いナースコール』、10話で次々と謎が明らかになってきました。

なぞの多い連続殺人ドラマですが、10話で明らかになったことをお伝えします。

からり犯人に迫って来たかと思います。

犯人考察の参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク

赤いナースコール・第10話で明かされたことは?

『赤いナースコール』10話で明かされた内容です。

翔太朗や後藤田の言っていることが犯人につながっているのではないかと思います。

広報の遠山が持ち出した病院のデータとは?

9話で殺された広報の遠山は、病院のあるデータを持ち出していました。

殺された時、そのデータはかばんごと無くなっていました。かなり重要なデータのようですが、中には何が書かれていたのでしょうか?

 

入院患者の津田と看護師の山根の会話から明らかになりました!

津田は病院の不正を暴くために潜入しているフリーの記者で、看護師の山根が協力しているのでした。津田の入院を長引かせるために、看護師の山根は検査結果の改ざんまでしていたということです。

津田が手に入れたい情報は

  • 保険料の不正請求
  • 入院患者への過剰な薬の投与
  • 政治家への闇献金
  • 古岡署の署長への接待費

ですがこの情報は殺人犯によって持ち去られてしまったため、身の危険を感じた山根は手を引こうと考えます。

 

看護師の山根(ベッキー)と石原先生(板尾)に関係は?

看護師の山根と石原先生の関係に新たな心情が見えて気ました。

山根は石原が連続殺人犯ではないかと疑っているようです。「自分の愛した人が殺人犯だったらどうする?」と西垣に質問しています。

そして山根は「私だったら好きになった殺人鬼に殺されたい」とまで言っています。そこへ現れた石原医師に、西垣が「先生だったらどう思う?」と聞くと、「連続殺人犯は、殺されたがっている人は殺さない。死にたくない人の目の奥の絶望が見たいのだと思う」と石原。

それを聞いた山根は「私は殺される資格がないか」と涙を流していました。

山根は意外と本気で石原を好きなのでしょうか。そして石原が犯人だと思う証拠をつかんでいるのでしょうか?

 

翔太朗が気づいた313号室の秘密とは?

春野翔太朗により事件を整理し、新たな発見がありました。

 

病院の連続殺人事件は、翔太朗が病院に運び込まれてから起こっている。

313の滝中・下塚が殺された。松井は、親しくしていた購買部の江口さんが殺され、次は自分かと怖くなり自主退院して自宅に帰ったが、自宅で殺された。

翔太朗とアリサは、電動ノコギリを持った誰かに襲われそうになった。間一髪で助かったが、翔太朗のベッドにいたプロデューサーの山之内が殺されていた。

三上のおばあちゃん、刑事の加藤さん、看護師の野田さんと次々に殺され、工藤刑事も刺された。

工藤刑事を刺した運転手の宇田川も死んだ。広報の遠山も殺された。

ここで気づいたのは、山之内が春野の身代わりで殺されたと思っていたが違うのでは?
春野は右足にギプスをしている。山之内は両足首に電極を付けられて感電死したが、春野を狙ったのなら両足から感電させようとは思わないはず。

ということは山之内も狙われていた。

 

また翔太朗は自分のドラマを見直していて、新たな発見があったようです。

313号室の患者は殺すために同じ部屋に集められたのでは。

そんなことできるのは病院の関係者。

チャイコフスキー殺人犯と病院の連続殺人犯は別人でないと物理的に無理がある

むごたらしい殺し方をするのは復讐のため。

それがどうやら翔太朗が脚本をかいたドラマ『傷だらけの正義』と関係あるらしい!

 

後藤田がアリサに告げた事件の謎とは⁈

313の入院患者・後藤田がアリサに伝えた事件のなぞを書き出します。

●春野翔太朗と病院長は、以前から知り合いなのか?
翔太朗と病院長が親しげに2人で病室で話しているのを見た。
↓  ↓
アリサが翔太朗に確認すると、病院長が翔太朗が脚本を担当した刑事ドラマのファンだったので、その話で盛り上がったとのこと。

アリサ達が事故に会った時、ドライブレコーダーがoffになっていたのはなぜなのか?
乗っていたのは翔太朗の車。徹夜で寝ていないと言われたのでアリサが運転初心者だが運転していた。
↓  ↓
アリサが翔太朗に聞いたところ「会社の人も乗るから、社内の2人の会話は残したくない」と言われたそう。
↓  ↓
でもこの説明は無理がある。事故でも無ければドライブレコーダーなんて再生しない。ということは翔太朗は事故があるとわかっていた??

アリサの両親に未だに連絡がつかないのはなぜ?
↓  ↓
アリサは「自分のスマホが見つかっていないので、両親から連絡できないため」と答えている
↓  ↓
警察沙汰の事故なので両親に連絡されないはずはない。両親から病院に連絡することはできるはず。

アリサの病室は外部には面会謝絶となっている(両親に対しても)
↓  ↓
アリサは面会謝絶のことは知らなかった
↓  ↓
そもそもアリサはケガもしていない。面会謝絶はおかしい

榎木田病院は以前院内感染が広がったことがあり、見舞いは断っている。
だがプロデューサーの山之内は翔太朗の見舞いに来ていた。
↓  ↓
なぜ山之内だけは見舞いに来れた?

なぜアリサはまだ入院していなければいけないのか?
↓  ↓
アリサは病院に閉じ込められている!

 

後藤田はここまで話したところで、電動ノコギリで殺されてしまいました!

ということはかなり犯人に迫っていたということなのでしょう。

 

ナースコールの噂の真相

榎木田病院の入院患者の間で噂されているナースコールのことについて、もとになった出来事が明かされました。

看護師の西垣さんに関係している出来事だったんです。

西垣さんが21歳の時にあった出来事がもとになって、「ナースコールを押しても看護師が気づかないと、その患者は死ぬ」という噂が広まったんだそうです。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

赤いナースコール(赤ナス)10話のまとめ

ドラマ『赤いナースコール』の連続殺人犯に、だんだん迫って来たようです。

今までの謎が少しずつ明かされてきました。

犯人は復讐のため313号室に殺したい人を入院させたのでしょうか。だとしたら犯人は誰?石原?

最後に出てきた翔太朗が脚本をかいたドラマ『傷だらけの正義』がカギになっているようです。

犯人は誰⁈生き残るのは誰なのでしょうか⁈

 

タイトルとURLをコピーしました