オビワンケノービ(ドラマ)第4話・感想ネタバレ!レイア救出成功⁈

オビワンケノービ

オビワンケノービのドラマ、第4話の感想・ネタバレです。

第3話でダースベイダーにやられたオビワンはどうなったのか?

1人で秘密の通路を逃げていたレイア、サードシスターに見つかって捕まってしまったのか?

スターウォーズらしさがたくさん盛り込まれた第4話の感想・ネタバレをどうぞ。

 

 

スポンサードリンク

オビワンケノービ第4話のネタバレ・あらすじ

全身に火傷を負ったオビワン、ターラに助けられジャビームに運ばれてバクタ・タンクで治療。

レイアはサードシスターに捕まってしまい、オビワンは死んだと言われる。

水の衛星ナー、ベイダーの支配下。レイアはそこの難攻不落の要塞の中に捕らえられている

オビワンは協力者たちにレイア救出の手助けを頼む。ターラがまた帝国の将軍として手引きすることにする。

ターラは要塞に入り、ネットワークに侵入しオビワンを誘導する。

オビワンはも侵入に成功、中を探るなかで要塞に隠されていた秘密を発見する。

 

サードシスターは秘密のネットワーク・パスの存在を知っていた。どこにあるのかレイアから聞き出そうとする。

レイアを拷問にかけようとしたその時、ターラが注意をそらすためサードシスターのところに行きパスの情報があると伝える。そのすきにオビワンがレイアを助け出す。協力者の助けもあり逃げ出すことにができた。

だが、発信器がつけられていたのだった。

 

スポンサードリンク

オビワンケノービ第4話の感想

ようやくオビワンケノービが戻って来たー。

レイアを救うために敵地に乗り込んで大活躍。オビワンケノービはこうでないと!

まあメンタルは回復していないですが、守るべき者がいると強くなるんですね。

まずはターラが管轄外のナーの要塞に入ろうとした時、帝国の兵士が「許可がない」と止めるが「いいのか? 上司に報告するぞ?」の脅しにあっさり通してくれる。こういう時帝国のような縦社会ってだめだね。

レイアは捕まっているにも関わらず毅然とした態度、脅されても絶対話さないところ、凄いです。泣き落としも通じず。普通10歳であんな態度取れる?無理でしょ!

惑星ナーは捕まえたジュダイの拷問場だったんですね。そして殺したジュダイを保存していたとは。なんとも悪趣味でゾッとします。
オビワンが最初に見つけたのは、テラ・シヌーベという名のジェダイ・マスターだそうです。
アニメ「クローン・ウォーズ」に登場していたそうです。オビワンが驚愕するのがわかりますね。

レイアはフォース感知者ということだけど、レイアが「助けて!」と叫ぶ声がオビワンに聞こえたのはそのおかげなんでしょうか?それともオビワンの力?

毎度ながらストームトルーパーが結構まぬけで弱いですね。ターラにあっという間にやられてるし。それに、水中にある要塞で窓もあるのに撃ちまくるって・・・。そりゃあ窓も割れるでしょう。

オビワン、レイアだけでなくサードシスターにまで老人呼ばわりされるとは。この時オビワンは50歳前?だと思うので老人と呼ぶには早いのに。これってネタ?

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

オビワンケノービ第4話の感想・ネタバレのまとめ

オビワンケノービ第4話、ジュダイのオビワンが戻ってきましたね。

オビワンの見事な戦いっぷり、レイアの絶対口を割らない強さ、スターウォーズ感たっぷりでよかったです。

サードシスターも負けていなく、レイアのドローンに発信機を仕掛けていたとは。

第5話も見逃せないです。

 

タイトルとURLをコピーしました