那須どうぶつ王国にハシビロコウのカシシが帰って来た!

動物

那須どうぶつ王国にハシビロコウのカシシが帰ってきました。

神戸どうぶつ王国に繫殖を試みるために行っていたのですが、上手くいかなかったようです。

カシシの異動の経緯と帰ってからの様子を見ていきましょう。

スポンサードリンク

那須どうぶつ王国に帰ったハシビロコウのカシシ

ハシビロコウのカシシ(メス、推定10歳)が10月5日に神戸から那須に戻りました。

那須どうぶつ王国に帰ったハシビロコウのカシシの様子

2021年5月にもともと展示されていた栃木県の「那須どうぶつ王国」から兵庫県の「神戸どうぶつ王国」に移されていました。そして5か月ぶりに帰って来て10月7日から、また一般の人も見られるように公開となりました。

「神戸どうぶつ王国」にはオスメス1羽ずつのハシビロコウがいるのですが、繁殖を目指してメスのカシシも一緒に飼育して様子を見ていました。ですが、カシシとオスのハシビロコウは相性が良くなかったようなので、元に戻すことになったそうです。

帰って来たカシシは、ちゃんと元いたところに戻ったとわかっている様子で、少し警戒しつつも前と同じように歩いて自分の場所に移動したということです。お利巧なんですね。

 

ハシビロコウのカシシに対するみんなの声

那須どうぶつ王国を訪れた人たちの、みんなの声を集めてみました。
お帰りなさい、カシシちゃん。長旅お疲れさまでした。
カシシちゃん帰ってきたので急ぎ会いに来たよ~ やっぱりカワイイ
カシシお帰りなさい。元気そうで良かったよぉ。新しい髪型も可愛いね。
カシシィイイイイイ 再開出来て嬉しいぞぉおおおお!
おかえりカシシ! 不在の間に鳥仲間が増えたウェットランドだけど、カシシが来てくれたからより賑やかになるね いつもの場所にカシシが居てくれるだけでなんだか安心する

カシシは那須や栃木の人たちに愛されているようです。歓迎の声が多いですね!

 

ヘアスタイルが変わったという声もありますね。

古巣に戻ったカシシも、なんだかくつろいでいるようにも見えます。

 

スポンサードリンク

ハシビロコウのカシシ、神戸どうぶつ王国ではどうだった?

神戸どうぶつ王国では、ハシビロコウが生息する環境に近い状態を再現した「ビッグビル」という施設が作られ、2021年4月から公開されています。

ハシビロコウはオスのボンゴメスのマリンバが飼育されています。

ここで、ハシビロコウの繁殖にも挑戦しています。

ハシビロコウは、野生では環境の変化から生息数が減ってきていて絶滅危惧種にしていされています。動物園では種の保存のため、なんとか繁殖させたいということでメスのカシシも加えて今回の試みが行われたそうです。ですが、ハシビロコウの繁殖は難しく、世界でも2例(ベルギーで1例、アメリカで1例)しか成功していません。

もともと単独で生活する鳥で、自然の中ではどのようにしてオスメスが出会ってつがいになるのかわかっていないのだそうです。

広い施設ですが、単独を好むハシビロコウが3羽一緒に暮らし続けるのは無理と判断されたようです。

↑  ↑  ↑

こんな感じで3羽で暮らしていたんですね。

均等に離れているのが単独を好むハシビロコウらしい感じですが、時には接近していたこともあるようです。

 

スポンサードリンク

那須どうぶつ王国にハシビロコウのカシシが帰って来た!のまとめ

ハシビロコウのカシシが那須どうぶつ王国に戻りました。

神戸どうぶつ王国で繁殖を試みたのですが、オスのボンゴと合わなかったようです。

カシシには古巣でのんびり元気に暮らしてほしいです。

動物園では種の保存のため繁殖にも力をいれているそうです。神戸どうぶつ王国では、いつか繁殖に成功するよう応援しています。

タイトルとURLをコピーしました