マンダロリアン・シーズン2第4話「包囲」あらすじ・ネタバレあり

海外ドラマ

マンダロリアン・シーズン2第4話「包囲」のあらすじと感想です。

ディン・ジャリンは惑星トラスクでマンダロリアンに出会いジュダイの情報を得ることができました。ジュダイを探す旅が始まるのでしょうか。

マンダロリアン・シーズン2のあらすじの記事はネタバレも含まれますのでご注意ください。

スポンサードリンク

マンダロリアン・シーズン2第4話「包囲」のあらすじ

ジャリンは航行中になんとかレーザー・クレストを修理しようと格闘しザ・チャイルドに狭いところに入ってもらいますが、うまくいきません。一旦ネヴァロに戻って修理することにします。

ネヴァロでは、キャラ・デューンは保安官になって活躍していました。グリーフ・カルガとキャラ・デューンはジャリンを歓迎します。2人のおかげでネヴァロは平和と賑わいを取り戻していました。酒場だったところは子供たちの通う学校になっていました。ザ・チャイルドを学校に預けることにします。

学校での様子はこちら↓↓↓

船の修理が終わるのを待つ間手を貸してほしいと、グリーフ・カルガがジャリンを誘います。帝国の古い基地があり、残党がまだいて立ち去らない。大型の兵器も山ほどある。あの基地をなくせばネヴァロは安全な貿易基地になり、真の開放となるということです。グリーフ・カルガの事務所に行くとミスロルがいるではないですか。持ち逃げした分を労働で返しているのだそう。ジャリンは要請を受け入れ作戦に参加することにします。

ミスロルが運転するスピーダーで帝国の基地に向かいます。

基地の入り口は鍵がかかっていて開けられず、ジャリンが上から侵入し入り口を開けます。ミスロルは運転だけするつもりでしたが、借金を減らすと言われて結局一緒に基地に侵入することになります。無人と思われていた基地にはたくさんのトルーパーがいました。作戦はヒートシャフトを見つけて破壊すること。溶岩が流れる縦坑に制御装置をみつけ、ミスロルに制御装置を止めさせることに成功しました。

爆発までおよそ10分、逃げるために基地内を走っていると帝国の軍人に遭遇しました。撃ち殺し周りを確認すると、そこにあったのは何かの実験中の検体と思われる生物です。ここは作戦基地ではなくラボだったのです。なんのラボなのか突き止めようと調べると、なんとザ・チャイルドの血を使って実験していたということがわかりました。ドクター・パーシングのホログラムが現れ、「もう採取した血は使ってしまったので、またザ・チャイルドを確保しないと」とモフ・ギデオンに訴えています。モフ・ギデオンは死んだと思っていましたが、このホログラムは3日前。生きているんです。ギデオンが生きているなら、ザ・チャイルドが危ない。

ジャリンはジェットパックで街へと急いで向かいます。他の3人も基地にあったトレクスラーマローダーを奪い、何とか逃げ出します。ですが、トルーパーがスピーダーで追ってくるので迎え撃ちながら逃げます。タイファイターも現れピンチに陥りますが、先に戻ったジャリンがザ・チャイルドを乗せてレーザー・クレストで現れ、すべて撃ち落とすことに成功しました。

グリーフ・カルガは作戦の成功を喜びジャリンに祝杯をあげようと言いますが、ジャリンはモフ・ギデオンが来る前に旅立ちました。

人物・用語の説明です

ミスロル ギルドから手配されており、ディン・ジャリンに捕まりました。そして炭素冷凍され、グリーフ・カルガに引き渡されました。

ドクター・パーシング ジャリンが手配者だったザ・チャイルドをクライアントに引き渡したとき、一緒にいた科学者。ジャリンがザ・チャイルドを奪還したとき「自分がいなければこの子は死んでいた」と訴え、ジャリンに殺されるのを免れました。

モフ・ギデオン ザ・チャイルドを探していたのはモフ・ギデオンの命令でした。シーズン1の最終回でジャリンはモフ・ギデオンが乗っているファイターを墜落させたので、死んだと思っていました。

トレクスラーマローダー リバルサークラフト(反重力装置を使って移動する乗り物)の一種。戦闘能力を高め強力な武器を積んでいます。

スポンサードリンク

マンダロリアン・シーズン2第4話「包囲」の感想

ディン・ジャリンとザ・チャイルドの絆が段々できているのがわかります。

学校にザ・チャイルドを預けるシーン、周りの子供はザ・チャイルドの変わった姿に騒いだりしないところが、さすがいろんな種族がいる銀河の子供たちと感心しました。そしてまた食欲のまま食べ物をフォースで取ってしまうザ・チャイルド、ほんと食いしん坊です。その前に人の物を勝手にとってはだめだろうと突っ込みたいですが。

ミスロルはこんなところでまたジャリンに再開ですね。嫌でしょうね。そして炭素冷凍は、やはり嫌なもののようです。

この回は何と言ってもギデオンがザ・チャイルドを捕まえたい理由がわかったというところですね。具体的に何の実験かは明かされませんが、ザ・チャイルドの血液を使って何かしていたということです。また捕まったら、今度は死ぬまで血を抜かれてしまうかもしれません。ディン・ジャリン、絶対ザ・チャイルドを守ってね!

スポンサードリンク

まとめ

マンダロリアン・シーズン2第4話「包囲」のあらすじをお伝えしました。

平和になったネヴァロは活気があっていいですね。残っている帝国の施設を破壊するため、ディン・ジャリンも協力します。そしてモフ・ギデオンが生きていたこと、ザ・チャイルドを捕まえたい理由が明かされました。何としても守らなければ、今度こそ殺されてしまいます。

ザ・チャイルドは今回も食いしん坊ぶりを発揮してくれました。人の物取ってはだめなんですけどね、そんなところに力使う?

次はいよいよジュダイを探しに行くのでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました