後藤希友選手(ソフトボール代表)が活躍!プロフィール・経歴は?

スポーツ選手

ソフトボールオリンピック代表選手の投手として後藤希友(ごとうみう)選手が目覚ましい活躍をしています。

オリンピックでの第2試合ではレジェンドの上野投手の窮地を救い、無失点で抑え見事勝利に導きました。

まだあまり知られていない後藤希友選手ですが、どんな選手なのでしょうか今までの経歴は?

ソフトボール日本代表の後藤希友選手について調べてみました。

スポンサードリンク

後藤希友選手のプロフィールは?

後藤 希友 (ごとう みう)

2001.3.2生まれ 20才(2021.7現在)

出身:愛知県名古屋市

出身校:東海学園高等学校(ソフトボール部は総体で何度も優勝している強豪校)

所属;トヨタ自動車 レッドテリアーズ(1948年ソフトボールリーグ創立から参戦している歴史あるチーム。優勝経験も多数の実力あるチーム)

左投げ 左打ち

174cm 70Kg

スポンサードリンク

後藤希友選手がソフトボールを始めたきっかけは?

後藤希友選手がソフトボールを始めたのは2008年に行われた北京オリンピック。日本代表ソフトボールチームが、オリンピックで過去3回勝てなかったアメリカに勝ち金メダルを獲得したことでした。これを見て感動した後藤選手は、学校の部活動で小学校4年生からソフトボールを始めたそうです。

北京オリンピックと言えば、上野由岐子選手が全ての試合に登板し413球投げぬいたことが話題になりました。その上野選手と一緒に、東京オリンピックで同じチームで戦うことになるとは、なんとも素晴らしいことですね。

日比野中学では、顧問の先生に強引に引っ張られるかたちでソフトボール部に入ったそうです。練習は厳しく、ここでメキメキと実力を付けていったそうです。14歳の時には史上最年少で女子TAP―A/Bの代表選手(今後重点的に強化を行っていくべき選手たち)に、中学校3年時にはU-24日本代表に選ばれました。

後藤希友選手の学生時代のソフトボールの実績は?

高校は愛知県にある東海学園高等学校。強豪のソフトボール部でエースとして活躍。

高校3年生の時には球速110Kmを記録。これは日本人の左投投手の中では最速だそうです。

上野由岐子選手の高校時代の最速記録は112Kmだそうなので、これに匹敵する球速ですね。

高校2年で日本代表に選ばれ、高校3年時には日米対抗に出場。トップ選手と一緒にプレーすることで体格やポテンシャルの違いを実感し、その後のモチベーションに繋がっているようです。

部活では夏の高校総体で準優勝、秋の福井国体で優勝と素晴らしい結果を残しています。

後藤希友選手はどんな選手?

笑顔が印象的な選手で、小さいころからおてんばだったそうです。

好きなアイドル:「NiziU」「BTS」…気分転換やモチベーションアップのため動画を良く見ているそうです。

趣味:スノーボード

家族:ご両親と兄が1人

高校を卒業後は実業団のトヨタ自動車・レッドテリアーズに入ります。チームには北京オリンピックの時からアメリカ代表のモニカ・アボット選手も在籍しています。同じ左投げである彼女から、アドバイスをもらったりいろいろ学んでいるそうです。

日本代表チームでは上野由岐子選手から学ぶことも多く、尊敬しているとのこと。練習中のストレッチでは上野選手と組むことも多いのだそう。少しでも上野選手に近づけるよう日々頑張っているそうです。

後藤選手の持ち味はボールのコントロールや質が素晴らしいとのことと、宇津木麗華監督も絶賛しています。

日本代表チームの投手は3人、そのうち一人はレジェンド上野由岐子選手。残り2人の枠にサウスポー投手であることと成長が期待できることから、見事チーム最年少で選ばれました。

本人が言うには、チームでの自分の役割は「元気の良さ」だそうです。チーム最年少ということもありムードメーカーなんですね。きっと他の選手たちに可愛がられていると思います。

競技では負けず嫌いで、投球にかける執念はすさまじいものがあるそうです。

オリンピック2戦目の対メキシコの試合では、尊敬する上野選手が誕生日だったこともあり「必ず勝ちをプレゼントしたい」と投球に臨んだそうです。宇津木監督は「昔の上野に見えた」というほどの活躍をしました。

今後の活躍も注目ですね。

スポンサードリンク

後藤希友選手についてのまとめ

いかがでしたか。

後藤希友選手はソフトボール代表チーム最年少ながら、数々の活躍をしてきたことがわかりました。

またソフトボールのレジェンドである上野由岐子選手・モニカ・アボット選手と直接触れ合い学んでいるという恵まれた環境にもありました。これも後藤希友選手が若いうちから頭角を現していたからですね。

今回の活躍はまさに実力、これまで頑張ってきた成果とわかりました。

第二の上野選手とも期待される後藤希友選手に注目です。

 

タイトルとURLをコピーしました