ボクシング女子の入江聖奈・プロフィールとカエル好きの素顔

スポーツ選手

ボクシング女子の日本代表・入江聖奈選手が勝ち進み、見事金メダルを勝ち取りました。

ボクシング女子のメダルは日本初になります。

この快挙を成し遂げた入江聖奈選手のプロフィールを調べてみました。

その素顔はカエル好きの素朴な女の子でした。

それではボクシング女子の入江聖奈選手のプロフィール記事をどうぞ。

スポンサードリンク

ボクシング女子日本代表の入江聖奈選手のプロフィール

入江 聖奈 (いりえ せな) 2000年10月9日生まれ

出身:鳥取県米子市

在籍:日本体育大学(3年生)

ボクシングの階級:フェザー級(54Kg~57Kg)

ボクシングを始めたきっかけ:小学2年の時に、家にあった小山ゆうさん作の「がんばれ元気」というボクシングの漫画を読んだことがきっかけで、ボクシングジムに通い始めたそうです。

現在までの経歴:

中学では陸上部。全国中学駅伝に出場。

高校でボクシングに専念し、全日本女子選手権(ジュニア)で2.3年時に優勝。

2018年 全日本女子選手権(ジュニア)で2.3年時連覇で銅メダル

国際大会の世界ユース選手権で銅メダル

2019年 世界選手権に日本代表として出場・ベスト8

2020年 アジアオセアニア予選で銀メダル・・・オリンピック出場を決める

 

中学では全国駅伝に出場していたことから、もともと運動神経がいいようです。ボクシングに専念してからはどんどん強くなっていることがうかがえます。唯一国内で負けたのは入江選手と同じくオリンピック代表の並木月海選手。高校1年の時に全日本女子選手権で並木選手に負け、その後は奮起して同大会では優勝しています。

小学6年の時に東京オリンピックが決まり、自分も東京オリンピックに出て金メダルを取ることを目指したそうです。

見事に夢を実現しているんですね!もちろん大変な努力あってのことと思います。素晴らしいですね。

スポンサードリンク

入江聖奈選手はカエル好き

入江瀬奈選手はカエルがとても好きなんだそうです。オフの日はカエルに費やしているのだとか。

入江瀬奈選手の取材で二子玉川の帰真園までカエル(この時はオタマジャクシ)を探しに行っていました。都会でカエルの居場所を把握しているなんて、ほんとにカエルが好きなんですね。しかもリュックはカエル柄です!

出身が鳥取県米子市なので、自宅の周りは自然が多くカエルもたくさんいたのではないでしょうか。

オリジナルのカエルグッズも作っているようです。

 

入江聖奈選手の出身地、鳥取県・米子市とはどんなところ?

鳥取県米子市で有名なのは「水木しげるロード」。あの「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげる先生が生まれ育った地で、妖怪たちのオブジェがたくさんあり妖怪に出会えるスポットとなっています。水木先生は実際に妖怪を見たとも言っているので、米子市は今でも妖怪がいるような自然が残っているのではないでしょうか。入江瀬奈選手が好きなカエルの妖怪にも会えるかもしれないです。

そんな地で育ったのもカエル好きの要因かもしれないですね。

また、境港があり海産物が豊富。安くて新鮮な海産物が食べられます。米子にいた時の入江瀬奈選手の力の源となっていたのかも。

そして鳥取県と言えば鳥取砂丘。砂丘のように黄金に輝く金メダルを取れるよう応援しています。

スポンサードリンク

ボクシング女子の入江聖奈選手についてのまとめ

ボクシング女子オリンピック代表入江聖奈選手のプロフィールについてお伝えしました。

小学校2年から漫画の「がんばれ元気」をきっかけにボクシングを始め、高校では国際大会で戦うまでになっていました。小学校からの夢をかなえ、見事東京オリンピックでメダルを獲得します。

素顔はカエル好きの素朴な女の子。カエルを探しに行ったりカエルグッズに癒されていました。

ボクシング女子の入江聖奈・プロフィールとカエル好きの素顔について、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました