お風呂のカビ防止には換気が重要!カビを生やさない簡単な方法はこれ

生活

お風呂ってすぐにカビが生えて困っていませんか?

この記事ではお風呂のカビを防止する方法をお伝えします。

お風呂のカビを防止するには、温度湿度を下げること。そのためには換気が重要なんです。

カビを生やさないための簡単な掃除の方法もお伝えします。

掃除が大変なカビ、できるだけ生えないように工夫していきましょう。

 

スポンサードリンク

カビが繁殖する環境は?

入浴後のお風呂はとてもカビが繁殖しやすい環境になっています。

カビが繁殖しやすい環境とは、

①温度が20℃~30℃

②湿度が70%以上

③皮脂などの養分(エサ)がある

入浴後のお風呂は、まさにこの環境になってますよね。

なので、この環境をできるだけ早く改善する必要があるんです。このカビが好む環境を無くすことができればカビを繁殖しにくくできるんです。

では、その具体的な方法について説明していきます。

スポンサードリンク

カビが繁殖しにくくする方法とは

簡単にできるカビを繁殖しにくくする方法はこちらです。

お風呂場の温度を下げる

入浴後はできるだけ早く温度を下げましょう。

入浴により湯船から暖かい蒸気が上がったり、洗い場でシャワーを使ったりお湯を流したりするので、浴室の温度が上がります。

これはカビがとても繁殖しやすい環境なので、このままにしておくとカビがどんどん繁殖してしまいます。

カビが繁殖しやすい温度は20℃~30℃。なのでできるだけ早く、これより低い温度に下げる必要があるんです。

まず、入浴が終わってお風呂からあがる時、浴室から出る前に壁や床にシャワーで水をかけましょう。まだ服を着ていないので、水が自分にかかっても問題ないんでしょ。しかも、30秒あればできちゃうので簡単。

そうすることで、お湯で暖かくなっていた壁や床の温度を下げることがでるんです。

また、湯船のお湯を捨てない場合は必ずふたをしましょう。ふたをしないと、湯船のお湯で浴室内の空気が温まってしまうんです。

 

お風呂場の湿度を下げる

入浴後はできるだけ早く湿度を下げましょう。

入浴するとたくさん湯気が発生するので湿度が上がります。

これはカビがとても繁殖しやすい環境なので、このままにしておくとカビがどんどん繁殖してしまいます。

湿度を下げるために換気しましょう。

湯船のお湯を捨てない場合は、必ずふたをしてください。ふたをしないと、湯船のお湯から湯気が出て浴室内の湿度が上がってしまうんです。

換気は、できれば24時間連続で換気することを勧めます。

2~3時間換気すればいいのではと思う方もいると思いますが、換気を止めると湯船に残っているお湯で空気が暖められて、また温度・湿度が上がってしまうんです。だから24時間連続が効果的なんです。

24時間換気扇つけっぱなしは気が引けるという方もいるでしょう。その場合は入浴後、8時間くらいは換気しましょう。

 

換気の効果を高めるには?

換気するときの注意点は?

換気するときには、お風呂のドアは閉めるてください。窓がある場合は窓も閉めて密閉状態にしましょう。

お風呂のドアの下部にはガラリという隙間があいています。ガラリを通して空気が入り浴室内を循環するので、効率的に換気できるんです。

ドアを開けて換気している方もいると思います。ですが、それだとうまく空気を循環させることができないので効率が悪くなってしまうんです。窓を開けた場合も同じです。

なので、必ずドアや窓は閉めて換気しましょう。

換気する時間は?

換気する時間は、24時間連続がおすすめです。

24時間連続は気が引けるという方もいると思います。その場合は8時間は換気するようにしましょう。

8時間くらい換気すれば、浴室内の湿度は下がり水分もほぼ乾くと思われます。私の経験上も一晩換気すれば翌朝は浴室の床は乾いて、湿気がある感じはなくなっています。

ただしその後換気を切る場合は、浴室のドアは開けておきましょう。浴室は排水溝のところなどにどうしても水分が残っています。閉め切って換気もしない状態にすると、その水分が蒸発して湿度が上がってしまうんです。また、湯湯船お湯が残った状態だと、周りの空気が暖められて温度が上がってしまいます。浴室のドア・窓の開けられるところは開け、脱衣所にもドアがあれば開けて、できるだけ通気を良くしておきましょう。

2003年以降に建てられた住宅には24時間換気システムが設置されていることがあります。設置されている場合は是非使ってください。

栄養分となる汚れを落とす

浴室の汚れは早めに落としましょう。

汚れはカビの栄養源になってしまいます。

壁や床に残った水分はカビが繁殖する入浴後は石鹸やシャンプーの泡が飛び散っています。これがカビの養分になってしまうんです。

早めに掃除することで、汚れは簡単に落とせます。おすすめは自分が入浴している間に、気になるところをブラシやスポンジで擦ってしまうことです。入浴中は壁や床も温まっているので汚れが取りやすいし、そのままシャワーで流せばいいので簡単なんです。体を洗いながら、気になるところがあったら、一緒に洗ってしまいましょう。

仕上げは残った水分をタオルでふき取るか水切りワイパーで取り除くのがおすすめです。

防カビ燻煙剤でカビの原因菌を助勤

カビは掃除して取り除いたつもりでも、胞子が大気中に存在しているので完全に死滅させることは難しいです。カビが繁殖しやすい環境のところに付着し、繁殖してしまいます。

最近はお風呂のカビの原因菌を除菌できる防カビ燻煙剤が市販されています。

使い方は簡単で、製品を購入しお風呂でワンプッシュするだけ!これでかなりカビの発生を防げるんです。

製品によりますが2~3か月に1度、定期的に使うのがおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

お風呂のカビを防止するには温度・湿度を下げてカビの繁殖しにくい環境にすること、栄養源の汚れを取り除くことが重要です。

温度を下げるために、入浴後にシャワーで水をかけましょう。

湿度を下げるために入浴後8時間くらいは換気しましょう。その際ドアは閉めてください。

翌朝はドアを開放し通気を良くしましょう。

栄養源の汚れもこまめにとりましょう。入浴中の掃除がおすすめです。

防カビ燻煙剤を使うとさらに効果的です。

少しの工夫でカビは防止できます。

簡単なカビ防止方法を取り入れて、快適な入浴を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました