赤いナースコール・7話考察!加藤刑事を殺した犯人は誰?

ドラマ

ドラマ『赤いナースコール』7話の考察です。

6話で加藤刑事は誰に殺されたのでしょうか?

また7話で明らかになったことがあり、さらにまた殺人事件が起こります。

はたして犯人は誰なのか、7話で考えられることがこちらになります。

 

スポンサードリンク

赤いナースコール7話考察・加藤刑事を殺した犯人は?

6話の最後で無残に殺された加藤刑事、犯人は一体誰なのでしょうか?

犯人は榎木田院長?

7話で加藤刑事が1人で病院に看護師の恰好で潜入捜査で入りました。

ですが犯人にばれて殺されてしまいました。

この犯人は誰なのか考えてみました。

加藤刑事が潜入したのを知ってるのは工藤刑事と看護師の野田さんだけでした。

工藤刑事は相棒が殺されて犯人に殺意を抱いたということから除外していいと思います。

病院の聞き込みで加藤刑事がいるのを知っていたのは看護師の野田さんだけでした。ほかの人が嘘をついていなければですが。

加藤刑事は看護師の野田さんに見つかって、「潜入捜査のことは誰にも言わないで」と言ったそうです。何かを確かめたい様子だったとのこと。

誰にも言わないでと言われたのに、犯人に見つかったということは野田看護師が誰かに言ったのでしょうか?

犯人像は

  • 加藤刑事が潜入したことを知った
    看護師の野田から聞いた可能性もあり
  • 加藤刑事より大きい(後ろから襲った時、加藤刑事より大きかった)
  • 麻酔らしきものを嗅がせて意識を失わせたことから、薬品が手に入る
  • チャイコフスキー殺人事件は時間がマチマチなので、仕事が不定期とか自分で時間を作れるような人
  • 被害者は警戒していなかった?安心できる要素あり?

 

これらを満たすのは榎木田院長ではないでしょうか?

さらに榎木田院長には大きな秘密があるらしいと医師の石原が言っているので、これもあやしい。

『秘密』については、それを探るために元嫁の西垣さんを潜入させて何かを調べているようなので、殺人事件とは関係ない可能性もあり。

アリサによると、事件のあった日夜中の0時ころ、廊下で誰か男と女が笑っていたということで、これが事件と関係あるのかもまだ不明。院長と看護師の野田だったりするのかも。

 

でも犯人が医者って意外性なさすぎなんですよねー。なので違うんじゃないかとも思うのですが、他にピッタリくる人がわからないんです。

 

院長のアリバイは?

工藤刑事が事件の夜のアリバイを聞いていますね。

榎木田院長は「ワイフの誕生日を祝っていた」と言っているが、院長の奥さんは自分から誕生日だったとは言いだしていない。「花は置いてあったけど・・・」程度なので、家で特に祝っていたということはなさそう。そもそも冷え切っているようなので、誕生日なんて祝わなそう。

ということで、アリバイが無いです。

 

トラックの運転手と榎木田院長がつながった⁈

トラックの運転手は宇田川といって、ガン末期で年内までの命ではないかと思われているそうです。

男1人で子供もいるが、残された子供たちの面倒を病院長がみると言ってるので物凄く感謝している。病院長のためなら何でもやると言っています。なんと、病院長の依頼でおばあちゃんを轢いたことが、看護師の野田との会話で明らかになりました。

さらに看護師の野田はもう一つお願いと言って、何かを依頼しています。これが何かは不明。

ということで、病院長は限りなく黒に近いということになります。

 

また7話の最後に、看護師の野田は誰かに落とされて殺されてしまいます。

これも運転手とのつながりを知っているので口封じと思うと、病院長がやったのではないかと思ってしまいます。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

ドラマ『赤いナースコール』7話で、加藤刑事を殺した犯人が誰なのか考えてみました。

この時点では榎木田病院長が犯人と思えるネタが多いです。

おばあちゃんも運転手に依頼してやったっぽいし。そう思わされているのかもしれないですが。

ただ医師が犯人では意外性がなさすぎなので、病院長ではないのだろうと思っています。

まだまだいろいろ見落としているのかもしれないです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました